ほうれい線の悩みを解消|美容クリニックのメリット

婦人

若い頃の肌になれる

カウンセリング

20代の頃は気にならなくても、30代に突入した途端、ほうれい線が気になりはじめる人もいるでしょう。実年齢よりも老けて見られますし、疲れている印象を与えてしまいます。最近はアンチエイジングケアが当たり前の時代ですが、ほうれい線はアンチエイジングケアにとっての天敵といっても過言ではありません。どうして顔にできるのか、またその改善方法について紹介します。

ほうれい線ができる原因は、主に2つに分かれてきます。1つめは「加齢」によるものです。私達は生まれた時から確実に年をとります。若い頃は体の細胞の働きが活発ですが、加齢とともにその機能は低下していくのです。それは顔の細胞も同じです。細胞の働きが弱くなることで、肌のハリが衰えていくのです。よく年をとるとほうれい線ができると言いますが、もともと顔に存在しているものとなります。肌のハリが失われることで、目立つようになるのです。2つめは「紫外線」です。紫外線は外にいても、室内にいても浴びてしまいます。様々な肌トラブルが起こる原因になりますし、年齢に関係なく対策を行う必要があります。紫外線の影響で体内では活性酸素が発生します。肌にダメージを与えてしまい、老化が進んでいきます。そのため、肌のハリがなくなってしまうのです。

ほうれい線ができる仕組みは2つの原因が関わっていますが、美容クリニックで行われているヒアルロン酸注射で改善することができます。ほとんどの女性は、一度はヒアルロン酸を耳にしたことがあるでしょう。もともと体内に存在している成分となりますが、加齢とともに減少していくのです。ヒアルロン酸があることで肌のハリだけではなく、弾力を保つことができます。顔に注入することによりハリと弾力を取り戻すことができ、ほうれい線が目立たなくなるのです。すぐに効果を実感できますし、顔にメスを入れるわけではないので、手軽に施術を受けることができます。効果の持続期間は個人差がありますが、長くても半年程度と言われています。効果を持続させたい人は、定期的に受けると良いでしょう。また、保険適用外となるので自費での支払いとなります。美容クリニックによって料金が変わってくるので、事前に確認することが大切です。ヒアルロン酸注射で若い頃の肌を取り戻すことができます。